ニキビプロ.com
 
ニキビとは
ニキビの治療
ニキビに悪いもの
ニキビ徹底研究
ニキビに似た皮膚病
よくある質問
専門医にかかろう
ニキビ診療室
リンク

■監修
大山皮膚科 院長:大山 克巳大山皮膚科
院長 大山 克巳

慶応皮膚科の伝統と東大式最新医療のコンビネーション・セラピー

大山皮膚科



HOMEニキビに悪いもの>ニキビとメーク
ニキビとメーク
今日の肌の状態で一日の気分が大きく左右される・・・何を着てもどんな髪型にしても顔のニキビがひどくてはだいなしです。
 
ニキビ治療をしながらも一日を明るく過ごせるようにがんばりましょう。
 
 
<洗顔>
 
外からついた汚れ、内からの皮脂はきちんと落とすことです。
 
一日二回良く泡立てた石鹸をなじませた後、手でやさしく洗う。すすぎはきっちり、できればシャワーヘッドでぬるま湯を流しかけて。水分のふきとりも摩擦は最小限にとどめましょう。洗顔剤はスクラブが入ったもの等あきらかに刺激になるゴシゴシ洗いにつながりそう系は避けましょう。
 
「友達がそれを使って治ったから」というのは「自分にとってはキケンかもしれない」と同義に考えてさしつかえありません。洗顔だけで治るニキビは医者にかかる必要のないニキビです。かなり症状の進んだニキビは洗顔のみで治るはずがありません。「友達に効いたニキビ洗顔は私には合わないかもしれない。」ということをしっかり認識しましょう。
<基礎>
 
「外的刺激は最小に」がモットーです。化粧水はやさしく手でなじませてください。コットンのパッテイングはおすすめではありません。
 
ニキビに保湿は大切なので化粧水で十分でない時は保湿剤で補いましょう。
 
全体あるいはUゾーン(かさつきやすい部分)にうわぬりします。
<UV CUT>
 
ニキビは好発部位が決まっている疾患です。ニキビ病変は同じ箇所に繰り返します。炎症を繰り返すということは、色素沈着のおそれがあるということです。
 
紫外線からはしっかり守りましょう。UVA、UVB両方をカットするものがよいでしょう。
 
<ファウンデーション>
 
うすづきが好ましいです。
 
基本的にはニキビは毛穴がつまった状態なので、その上にますますつまらせるような製剤は不可です。リキッドファウンデーションは、普段は避けましょう。
 
<ポイントメーク>
 
マユ、アイメイクに重点を置くことがなによりです。マユをすっきり整え、ヘアーカラーとのコーヂィネイトも念頭に色を選び、足りない部分は描き足し目化粧に力を入れましょう。
 
リップスティック、グロスもいろいろと楽しみましょう。第一印象は全体像です。
 
チャームポイントは瞳と唇とわりきって、胸を張って家を出る心意気が大切です。
 
Copyright (C) 2006 nikibipro.com All Rights Reserved.